男性からみた女性雑誌の感想6パターン

2017年11月01日 23:32

男性はあまり読む機会がない女性ファッション誌。お互いの価値観やカルチャーを知る上では一度読んでみるのもありなのかな?という気がしませんか?男性からするとよくわからない価値観などにも出会えて楽しい事があるかもしれません。
今回は男性に女性ファッション誌を読んでもらった感想を集めてみましたので、ご紹介いたします。




【1】メイクされているモデルの方の職業にフリーターがやたら多い

「カラコンやメイク事情みたいなコーナーを見ていたら、各女性に年齢と職業が掲載されていて、やたらフリーターが多いところが笑えました。フリーター24才とかはこの先どうするのかと心配になってメイク術なんてどうでもよく感じてきました」(30代男性)というように、この手の雑誌のメイク術などのコーナーにて実験台?にされている女性って妙にフリーター率が高いですよね。

合コンにやってきたフリーター女が雑誌に載ってるなどとドヤ顔で話してくる姿を想像すると何だか可愛く見えてしまいますね。

【2】メイク術後の顔に原型が残っていない

「メイク術の凄さをアピールするためなのか、元の気持ち悪い顔の原型が残らないレベルでのメイク術を紹介してるところがすごかった。ここまでいじりまくって、私可愛い!なんて思ってるとしたら相当気持ち悪いな…と思ってしまった。男に『きもーい!』なんて言ってる女性の元の顔はこういう顔なのかと思うと笑えてきますよね」(20代男性)というように、メイク前の顔が多く掲載されているところが女性ファッション誌の特徴です。

日常、あまりすっぴんを見る事がないかと思いますが、メイクを落とした顔は所詮この程度。この程度の顔で、他人にはキモいなどと言えるところが女性の強みでもありますよね。

【3】やたら人生を変えたがっている

「特集ページなどを見ると、自分を変える、人生を変える、そして習い事というページが多かったですね。毎日鏡を見てるはずなのに自分探しをしている痛い女性ってこういうところから発生したのかと勉強になりました」(20代男性)というように、自分を変えたい、人生を変えたい、その結果、習い事や占いを始めるという安直な女って多いですよね。毎日メイクで原型がないぐらい自分を変えているはずなのに、もっと自分を変えようとしているとは、非常に勤勉な証拠。

もしかしたら、そのような行動パターンを取る女性が多いのは雑誌の受け売りかもしれませんね。薄っぺらい人生です。




【4】女性のことをとにかく「女子」と記載している

「女性のことを『女子』って呼ぶ女って気持ち悪いよねって少し前に盛り上がっていたのですが、女性誌を見て愕然。むしろ雑誌が『女子』と使っていて、キモさの発生源はここなのか…と世の動きを理解できました。それにしてもプロの編集者なのに『おしゃれ女子』とか、語感がダサいと思わないのでしょうかね…」(10代男性)というように、男性にとって○○女子という言葉が嫌いという人が多いようです。

でも、女性誌には当たり前に『○○女子』という単語を使っていますから、自分のない薄っぺらい女性が真似して『○○女子』と使ってしまうのかもしれませんね。

顔面も服装もコピペしたような女性がいっぱい掲載されているのが女性誌ですから、購読者もコピペみたいに真似ばかりした結果、○○女子という単語が拡散したのかもしれませんね。

【5】モテるために、こんなことやってます と気持ち悪いモテ技を共有している

「今回読んでみた雑誌の中に『私たち、モテるためにこんなことやってます!』というコーナーがあったのですが、とにかくよくいるヤ○○ンの行動で面白かったです。」(10代男性)というように、いちいち女性誌の受け売りを取る人って、モテたい欲求が強いのか、ヤ○○ンが多いイメージがありますよね。

彼女たちにとって、モテの中に○モテも含まれるのであれば、それはそれで男女ともにwinwinでいいのかもしれませんね。

【6】自撮りにこんなに必死なのかと驚いた

「数冊読んでみたんですけど、とにかく『かわいく撮れる』だの『ナチュ盛り』だの、自分をいかに偽って美人に写そうかというコーナーが多くてびっくりしました。これだけ必死に自撮りして、どこにナチュラルさがあるのかは不明でしたけど」(20代男性)というように、現実ではしょぼい外見だったとしても、写真の中だけは極限に偽りまくってでも美しくありたいと願うのが女性の特徴です。

可愛い写真を見せてもらって、紹介してもらったまではよかったが、実物を見た瞬間、帰りたくなった…そんな経験はありませんか?

 

いかがでしたか。

男性のみなさまはあまり女性誌を読む機会はあまりないかと思いますが、今回感想を見る限りでは、新しい発見がいっぱいありそうですよね。

ぜひみなさまも一度は女性誌を手にとり、そのような考えを女性が持っているのか、参考にするのもよいかもしれませんね。

編集後記




よかったら拡散してくれると嬉しいです

LINEで送る このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント



最近の投稿されたコメント

顔はどうにでもなる!(キリッ!


おばさんってお金持ってたんだ。 大して金もないくせに図々しいからクレームが出るわけで。 つまり、金のないおばさんはただのゴミってことかな?


おばさんも若いお金のないバカと付き合いたくて付き合ってるのではありません。妥協です。お互い様。


ほんと女って汚い生き物。


顔はどうにでもなるのであれば、どうにかすればいいのでは? 努力もせず、ダラダラしてるからブスなのでは?


>そもそもブスだからとか言う人の心は醜いね え、どこが?女が年収だったり学歴求めるのと同じじゃん。女って生き物はほぼ醜いの?


ブスでこんな盛り上がれるって平和だなぁ それぞれ顔も価値観も違うんしブスだからあーだこーだとかないでしょうに。 そもそもブスだからとか言う人の心は醜いね、顔はどうにでもなるけど心の醜さは変えれない。


本当、ろくでもない女しかいない。


基本的に自分の性別の悪口を書かれるとスルー出来ないんだよ女って生き物は。そして急に私の彼氏は旦那はウンタラカンタラと自分語りし出すかこれだから男はみたいな感じで男叩きを始める。


ここのコメント見ても分かるけど女って本当に自分語り好きだよねぇ。結婚して良かったとか言ってるけど妄想にしか見えない…もし本当だとしたらこんな女と結婚した旦那さんが可哀想で仕方ないよ。


このサイトについて

ご意見・ネタ提供などお待ちしております。

   
Copyright 2017 ぽんぴん All rights reserved