好きと結婚は違う?好きだけど、結婚はしたくないなと感じる女の特徴9パターン

2018年03月04日 21:50

「好きだけでは結婚できない」と女性向けのwebマガジンなどでよく見かける言葉ですが、男性にとってももちろん同じ。結婚となると一生問題ですし、飽きてしまったからといって簡単に放流することができないのは怖いですよね。
今回は、好きで付き合ってはいるが…結婚となると別!今付き合ってる分にはいいけど結婚はないなと感じるパターンについてご紹介します。



【1】相手の経済力が弱い

「付き合ってる彼女が飲み会に行ったらしく、その時の話を語り出したのですが、要約すると「割り勘なんてありえねー!」ということでした。貧乏すぎて奢ってもらわないとまともに生活もできないのかな…と、住んでいる世界が違う感じがしてきました」(20代男性)というように、経済力のない女性は、「相手からお金を出してもらって当然」と乞食根性がすごいですよね。

こういう女性の場合、結婚しても何かと貧乏独身時代を引きずってか、金を連呼し、あげくの果てにATM呼ばわりする可能性がありますので、結婚はおすすめできません。

結婚せず、楽しい時だけ一緒にいることが一番で、相手が結婚をほのめかしてきたり、他に若い子が見つかった場合には、素早くリリースすることをお勧めします。

【2】家事ができない

「結婚を視野に入れた付き合いをしていて、彼女の要望が、将来は専業主婦になりたいというものでした。子育てには専業がいいかなと思っていたので、別に問題ないかなと考えていたんですが、結婚したら家事は半々ね!家事苦手なんだよねーという言葉を聞いて、プロポーズの予定は中止にしました。家事ができない女性と結婚したら、帰宅しても安らぎがないんだなと気づきました」(30代男性)というように、家事がまともにできないくせに専業主婦になりたがる女性って多いですよね。

一人暮らしをしていると、適当に家事をしていても問題はないですが、結婚となると別。

旦那さんが仕事して帰ってくるにも関わらず、さらに家事を負担させようとする女性は、ニートとほぼ変わりありませんよね。

週に数回、家政婦さんを呼んだ方がコスト的に安く済みますので、家事ができない女性は結婚相手として見ない、これは重要なポイントです。

【3】結構年がいってる

「6つ年上の彼女と付き合っていて、性格も合うのですが、最近になって結婚はしないでおこうかなと思うようになりました。職場の後輩の女の子とかを見ると、明らかに鮮度が足りないというか…迷っての結婚って後で後悔しそうで…」(30代男性)というように、年上で、しかも年齢が離れている場合、どうしても職場の後輩の女の子とかと比較してしまいますよね。

比較して、それでも彼女の魅力が大きいと感じるのであれば問題ないかもしれませんが、少しでもモヤッ!とした場合には、必ず立ち止まらないといけません。

結婚は一生問題。少しでも違和感を感じたら、将来間違いなく後悔することになるでしょう。

一度冷静に、将来を想像してみましょう。例えば、自分が40歳になった時、相手は何歳なのか。また、その時の友達の妻は何歳で自分の妻とどのくらいの年齢差が産まれるのかどうかなどです。

結婚するならより条件のいい女性を選ぶこと。これが将来幸せになれるコツです。


【4】顔が年々許せなくなってきた

「彼女はそんなに可愛いタイプではないのですが、それでも自分にとっては可愛く見えていました。ただ……年齢を重ねるごとに、耐えられなくなってきて、もしかして自分は現実から目をそらしていたのかな?と感じるように。10年後を想像すると今のうちに逃げた方がいいかなって思うようになりました。」(30代男性)というように、多少可愛くはなくても、若さがあるとまだマシに見えるのが女性。これはメイクの効果もありますが、年を重ねるにつれ、ごまかしが効かなくなってくるのも女性の特徴です。

相手の性格がいくらよくても、外観的な相性が合っていない場合、毎日が苦痛になる可能性が高いようです。

たまに、美人は3日で飽きると、勘違いした意見を言う人もいますが、ブズは3日で精神が病みます。美人は飽きるということもあるかもしれませんが、惚れ直したというサプライズが発生する可能性も十分考えられます。

別れるのであれば早めの決断が必要です。色々と怖い目に遭います。

【5】太ってる

「ぽっちゃり系が好きなので、今の彼女と付き合えたのは非常に嬉しかったです。ただ…彼女はぽっちゃりとデブを勘違いしていて、年々巨大化してくるのを見るのが正直苦痛になってきました。デブとぽっちゃりは全然違うのですが…」(20代男性)というように、確かにぽっちゃり系が好きな男性が多いようです。

しかし、男性の言うぽっちゃりと、女性の言うぽっちゃりの概念に大きな溝があるような気がしますよね。

男性の場合、肉付きのいいセクシー目な女性のことを指しますが、女性の場合は一転して、デブの言い訳としてぽっちゃり系という言葉を使う傾向にあるようです。

甘いものが好きだと言っていたからといって、砂糖の塊を出しても意味がないように、ぽっちゃり系が好きだからといって、デブを出してもしょうがないといいますか、何事もほどほどが大事というところでしょうか。

【6】彼女または親が妙な宗教に入ってる

「先日、事故で骨折をしてしまって、現在は無事に完治したのですが、彼女が妙な事をさりげなく言っていたのを思い出して…毎日○○を唱えたから、無事に回復したと…。言っている意味がわからないのですが、何だか怖いので忙しくなったことにして、デートするのはやめました…」(20代男性)と、宗教関係の不一致については、とにかく合わないと思ったら即座に別れた方がよいでしょう。

もちろん、信仰の自由を否定するつもりはないのですが、どういうわけかこの国では宗教にはまってる人は、相手の信仰の自由を侵害し、逆に自分の教えを押し付ける傾向がありますよね。

やるなら個人で勝手にやればいいのですが、私も町中で○○を唱えたのでどうの〜と言われた事があります。

神だか何だか知らないですが、何かの教えは絶対というような価値観を持った相手だと、何かあった際に話し合いが通じない可能性が高いですので、少しでも違和感が感じられた場合には即座に縁切りぐらいする勇気を持った方がよいでしょう。

【7】親が既に集る気満々

「彼女の両親と食事をした際、すでに僕が将来彼女の実家近くに家を建てて、同居するような方向で話が進んでいました。しかも、やたら収入とか貯蓄の話をふられるし、お金目当てのような気がして、好きなんですが将来に不安を感じ始めました」(30代男性)というようなケースって、男女問わずある話ですよね。

ただ、男性が大黒柱になる場合が多い現在、同じ状況では圧倒的に男性側が不利な気がしますよね。

私の知っているケースだと、たいてい結婚した後、妻が家事をさぼり、相手の親の手前強くも言えず、我慢ばかり強いられることが多いようです。

自分で稼いだお金は自分の家族のため。(妻の親は家族としてカウントしない)

それ以外に使われそうなプランをさり気なく話してくる場合には、妻が縁切りでもしない以上、永遠につきまとう問題ですので、いくら好きでも別れた方が幸せな未来が待っている気がします。


【8】教養がない

「一緒に洗濯機を買いにいった時、10万円ぐらいのものだったんですが、消費税込みで18万?と言い出した時、アホの子かな?と脳裏によぎりましたが、その後、家事って大変だよねから始まり、専業主婦は1000万円分の価値があるから、将来は専業主婦になりたいなと言い出したところで、確信に変わりました。普通に考えたらおかしいと気づくと思うのですが…」(20代男性)というように、女性の中にはテレビなどで放送されていたことを盲目的に信用したり、まともに算数すらできない人もいますよね。

将来結婚して、家庭を任せるとした場合、女性に求められるのはやはり教養。教養がないとまともに家計も任せられないですし、ましてや子供の教育も悲惨なものになることは容易に想像がつきますよね。

子供の未来なども考えると、教養のない女性については、一番選ぶべきではないタイプでしょう。

【9】奨学金をまともに返済していない

「彼女と結婚を考えて同棲を初めて1年。そろそろ結婚式について話をしたところ、もったいないから食事会だけにしようと提案が。堅実な子なんだなと思っていたら、そのお金を奨学金の返済にしたいと、結婚したら共有財産になるからいいでしょうって言われました。しかも、滞納しまくっててまともに返済してないことも発覚。結婚はやめる方向で考えています」(20代男性)と、何故か結婚したら男性の貯金も夫婦のものになると、ぶっ飛んだ勘違いをする女性って多いですよね。

今回のケースでは、まともに自分で奨学金の返済ができない貧乏人の分際で、さらには相手に払ってもらって当たり前みたいに考える女性は、妻というより寄生虫に属します。

この手のタイプは、夫の親の遺産問題などにも、まるで自分にも権利があるかのごとく口出しするタイプですので、結婚してしまうと親戚付き合いにも影響が出かねません。

いくら好きでも親戚すべてを敵に回してまでその好きを貫き通すのか、一度真剣に考えた方がよいでしょう。

だいたいは1年ぐらいで女は飽きますので、高確率で後悔します。

 

いかがでしたか。

付き合ってる間は楽しいが、結婚という縛りを設けた途端、人生がおかしなことになるパターンは色々ありますよね。

今回ご紹介したケースは非常に地雷となるパターンでので結婚は一生問題である以上、後悔はしないようにした方がよいでしょう。

そのためにも、ちょっとした違和感を感じたら、神経がすり減るほど真剣に考えることが重要です。


よかったら拡散してくれると嬉しいです

LINEで送る このエントリーをはてなブックマークに追加
category:
コラム

コメント



最近の投稿されたコメント

イラっとするのもわかるが感想として煽っているライターが一番イタイなとおもいました。


腐女子は自分の趣味に向き合うのは別に悪いとは言わないが、迷惑行為やめぃよ。あとゲイが気持ち悪いと言っている人がいるが、自分がゲイだった立場で考えてごらんよ。一応君たちも「ゲイがキモい」って発言で迷惑…


クソババアが参上してて草w


みんなとは書いてないのに、みんなと言い出すのはだいたい女性。 主語をでかくしたがるのは女性の特徴ですってか?w


>>いつまでも若くいられると思ってんじゃねーぞ。お前らも10年20年後はくそばばあ、くそしじいだからな。34歳のくそばばあより ↑↑↑ これだから性格の悪化した年増の女は嫌だね~ 美しい歳の重ね方した女性は…


>>いちいち必死にコメント返してくれてありがとう♡小さいチンポくん♡ ↑↑↑ その小さい一物すら突っ込んでもらえず股にクモの巣張ってるBBA…


生理的に受け付けない女の一つに、大酒飲みと喫煙者がある。 週明けから二日酔いで出勤してきて、酒臭を大量の香水で誤魔化そうとして周囲に悪臭を放ち、咥え煙草で机に突っ伏して碌に仕事もせず、周囲の男性社…


>>今時男女関係なく独身が増えている時代なのに時代遅れ過ぎませんか。 ↑↑↑ 独身者が増えたことと、時代遅れと、どういった因果関係が? >>視野が狭いです。独身女性がみんなダメ人間みたいに書かれていて…


近年の日本には容姿だけでなく、性格まで醜い女が本当に増えたね。 口角下がってて睨み付けるような目つき、なんぼ補正しても無理。


いつまでも若くいられると思ってんじゃねーぞ。お前らも10年20年後はくそばばあ、くそしじいだからな。34歳のくそばばあより


このサイトについて

ご意見・ネタ提供などお待ちしております。

   
Copyright 2017 ぽんぴん All rights reserved