一生独り身でどうぞw面白い婚活おばさんあるある7パターン

2019年04月04日 00:34

いたって真面目なつもりで婚活を行なっている女性かもしれませんが、周りから冷静に見ると面白く見えてしまう、そんな女性っていませんか?「こいつは何をやってるんだ…?」と思えるような、そんな婚活女。今回は、面白い婚活女についてピックアップしましたのでご紹介します。



【1】かなりいい歳をしてるのに「頼むから普通の人を紹介してって言いたい」と不思議な主張をする婚活おばさん

「知り合いの女性の話。もう40近い歳で、ぶつぶつ文句言いながら婚活を続けているんだけど、なかなかいい相手が見つからない状態。最近の口癖は『頼むから普通の人を紹介してって言いたいんだけどね。どれもほんと普通以下でどうしようもない』で、とにかくいい相手が見つからないのがすべて悪いのだそう。ただ…男性からすれば、『こんな40近いおばさんじゃなくて、頼むから普通の人を紹介しろよ!』って思ってんじゃないかな?って思うんですよね。友人は気持ちが若いつもりだから、自分は普通どころか、普通以上と思っている節があるんですけど、男性から見たらもう初老が近いおばさんですしね…」(30代、男性)というように、自分がすでに普通じゃない分際で、上から目線で『せめて普通の人を紹介しろよ』と自分が見えていない発言をする面白い女性っていますよね。

これは本当に多いのですが、自分自身のことってなかなか客観視するのが難しいからか、自分自身の普通以下のスペックに関しては一切考慮せず、周りにはとにかく普通以上を求めるという、どれだけ不釣り合いな相手を探したいのか?という傲慢な女性って見ていて面白いですよね。

周りに黙って婚活していればいいものの、そういう愚痴を周りに言うから、影で「普通じゃないのはお前だよw」って笑われたりするんですよね…わかります。散々笑って見てきましたし…。

それにしても結婚相談所なんかはこの手の女性がやってくると本当に大変でしょうね…むしろ結婚相談所の方が「頼むから、普通の人が客としてきてくれ…」と言いたそうな感じがしますよね。

【2】自分は高スペックなんだから、高スペックの男性じゃないと無理だと主張する婚活おばさん

「バリキャリの知人Aの話。仕事人間でかなりな出世頭だったため、結婚はしないものだと思っていたら、40過ぎてからやっぱり結婚はしておきたいと思ったらしく婚活を始めたんだけど、高スペックの自分に釣り合う男がいないらしく、婚活は難航することに。どういう人がいいの?って聞いたら、凄まじく高スペックな要望を出していて、まぁ仕事でも結婚でも妥協しないんだなと納得はしました。ただ、女として高スペックかと言うと疑問が残るけど、ひとまず頑張ってねとだけ伝えておきました」(40代、女性)というように、バリキャリの女性は『自分は高スペック』という自負があるのか、相手にも高スペックを求めるものなのかもしれませんね。

ただ、これは社会的なスペックというところで見ると確かに高スペックかもしれませんが、女性として見た時、もはや最低レベルの底スペックということに気づかないあたりが、エリートとして思慮が浅いなぁと微笑ましく感じてしまうところ。

男性側から見ると、バリキャリの40代の女性よりも、フリーターの20代の女性の方がはるかに高スペックなのであって、40代にもなって自分で高スペックだと思っているその滑稽な姿は、何度見ても笑いそうになってしまいますよね。

高級食材も腐ってしまったら何の価値もなくなってしまうといいますか…。

まぁ、でも40にもなってフリーターよりはマシですけどね。そこまで行くと勝負カードは1枚もない状態ですから、婚活の場には一切出てきてほしくないと思いますけどね。

ところで女性には参加制限ってないのでしょうかね?

【3】年収の低い男と結婚するくらいなら一生一人でいいと言っちゃう婚活おばさん

40過ぎて婚活パーティーで『家事手伝い』と書いてしまう面白おかしい友人。ただの無職を必死に隠したプロフィールって時点でも面白いのに、その歳で『年収の低い男と結婚するぐらいなら一生一人でいいわ!』と豪語するところでだいぶ限界がきてしまいました。『いくらならいいの?』って聞いたらテンプレかのように『1000万は最低でも必要よね』ってところでもう呼吸が苦しくなってきて、必死に太ももを抓って、笑いをこらえました」(40代、女性)というように、自分はまともに稼ぐ能力はない底スペックの極みの分際で、相手にはかなりな高所得を望む女性は多いですが、年収の低い男と結婚するぐらいなら一生一人でいいと言ってしまうと、さらに笑いどころを提供してくれるのかと、ちょっと嬉しくなってしまいますよね。

売れ残りで、しかも子供も望めない女性のどこに1000万の価値があるのだろうか…など、色々な視点で真面目に考察するだけで、こんなに面白く感じるところは勘違い婚活おばさんならではのコンテンツ。

男性側から見ると、お金をもらってもいらない女性の筆頭格なので、ぜひそのまま一生独身の人生を謳歌してほしいなと笑顔で見守りたくなりますね。



【4】女性は美容とかにお金がかかるんだから、食事などは男性がお金を出すべき!と鼻息荒く語る婚活おばさん

「ただでさえ、妥協して会う事にしたアラフォーの女性が結構上から目線な感じで、ひとまず食事に行った後、テンションが低いまま帰って寝たんだけど、朝起きると『食事は男性が出すべき。女性はお金がかかって〜』みたいなメールが届いていて、なぜかはわからないけど面白くなってきて『アラフォーの女に奢るお金はないので』とだけ返信しました。あんな貧相な格好でお金がかかってるって考えるだけで何か面白くて。やっぱり年上の女性ってダメだなって思いました。」(30代、男性)というように、「女性は美容とかにお金がかかるから、男性がお金を出すべき」という理由になっていない理由で相手にお金を出させようとする頭の悪い女性を見ると、やっぱり面白くて笑えてきますよね。

不思議なことに、Twitterなんかでも同様の主張をする女性をよく見かけますが、そんなに貧乏なら外に出てこなければいいし、貧乏な言い訳に美容を出すあたりで育ちの悪さがよく見えますよね。

男性としても、そんなに育ちの悪い女性と次はないですし、むしろ男性の方が生活にお金がかかっているシーンはざらにありますので、理由を出すにしてもそれしか浮かばなかったのか…と思うと、結婚するには知性の面でも落第点をつけたくなりますよね。

それにしても……そんな素晴らしい(笑)理由を出しているにも関わらず、美容から程遠い顔と服装をしていたら、「一体どこにお金がかかったんですかw」って吹き出しそうになりますよね。

【5】出会って初っ端から「いくつに見える?」と、こちらの精神を疲弊させる質問をしてくる婚活おばさん

「知人に誘われて参加した婚活パーティーでのこと。そこでグイグイやってくる爬虫類系の女性から年齢を聞かれたので答えたんですよね。で、興味はないけど礼儀としてこちらも聞いてみたら『え〜、いくつに見えます〜?』と語尾を伸ばしながら聞かれた時に、コーヒーを吹きそうになりました。見るからにおばさんなのに、『なんて難題を押し付けてくるんだ!』と思いましたが、ニヤニヤを抑えつつ見た目年齢-5で答えたようと思って『33ぐらいですか?』と答えたら『え〜!ひどい〜!32なんですけど〜』と言われて、もう限界でした。ほぼ同じじゃねーかとw」(30代、男性)というように、面白い上に答えるのに苦戦する質問を出会ったばかりで投げかけてくる女性って多いですよね。

きっと、若い年齢の答えを待っているとは思うのですが、男性としては『いやいや、空気読めよwそんな難題を解く場じゃないだろw』と感じてしまいがちですよね。

素直に回答すればいいのに、わざわざ相手の感想を聞きたがるところが、もしかしたら高齢婚活女子()のきも可愛いところなのかもしれませんね。

【6】とにかく職務質問かな?ってレベルでひたすら質問ばかりしてくる婚活おばさん

「仕事に打ち込みすぎて30近くになっても独身で、せっかくなので婚活に参加してみることにした時の話。若くて綺麗な子を見かけたので、後で話しかけようと思っていたら、声をかけてきたおばさんと話すハメに。話を切り上げたいんだけど、とにかくここから移動させないと言わんばかりに質問質問質問。適当に答えていた途中で、『もしかして、これって職質?』と思ったら、なんだか面白いおばさんたちに見えてきました。まぁ、面白いだけで恋愛対象外ですけどね。結局、若い子とはほとんど話せないまま、1日が無駄に終わりました。」(20代、男性)というように、とにかく後がなくて必死なのか、とにかく食いつきまくる行き遅れのおばさんって、婚活会場でたまにエンカウントしますよね。

餌をまいた後の池の鯉みたいにバクバクバクバクやってきますが、恋愛対象かどうかはさておき、その行動を冷静によく見てみると、何だか面白い行動をしてるなぁと思えたりするから不思議なものですよね。

30をすぎると婚活パーティーでも男性からめっきり声がかからなくなり、自分から行動を取らないと相手にもされないとわかっていて、積極的に行動をするところには好感が持てますけどね。結婚はしたくないですが



【7】ほっぺをふくらましたりなど、無駄にテクニカルなぶりっこ技を放ってくる婚活おばさん

「大人の女性はそんなことしないと思ってたけど、まさか40も見えかかった年齢で、ほっぺを膨らませてぶりっこするような女性と遭遇したのはびっくりしました。テレビでぶりっこする佐藤珠緒を見ていても痛々しいのに、リアルで見ると痛々しさが半端なくて、婚活しててよかったなと少しだけ思いました。やたら上目遣いで話すところも面白かったです。」(30代、男性)というように、「一体それは何かいい結果が生まれるのだろうか…」と思えるおばさんのぶりっこ。

いい歳して、そんな恥さらしな行動を取る人はめったにいませんが、何とか男性を落としたいと、無い知恵を絞った女性にとっての最終兵器がぶりっこなのかもしれません。

どうみても悪手中の悪手で、女としての印象は最悪レベルになってしまうものの、芸人の一発芸という視点でみると、とても面白い動作なので結婚相手以外として見る分にはとても好印象な行動だと思います。相手を笑わせて和ませる、とても素敵な女性に見えますね。絶対に結婚はないですけど。

 

いかがですか。

婚活と言えば、傲慢な女性が大量に集結したようなイメージもありますが、結婚に焦ったおばさんたちのテクニカルな技のお披露目会と思うとまた違った印象を持ちますよね。

ぜひ婚活でイライラした気分になっている男性は、参加されている女性の行動をよく観察し、面白い挙動を見つけることで心をリフレッシュしていただけたらと思います。



よかったら拡散してくれると嬉しいです

LINEで送る このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント



   
Copyright 2017 ぽんぴん All rights reserved