だからモテないのでは…存在が痛い「こじらせ女子」あるある8パターン

2020年05月06日 08:39

モテない女性は独身のまま、どんどんこじらせ女子の症状が進行していくもの。誰かが止めてくれたらまだいいのですが、面倒ごとに巻き込まれたくないのか、誰も教えてくれませんので、実は周りから笑われてるなんてことはよくある話。今回はそんなモテない「こじらせ女子」についてご紹介いたします。



【1】『子供産んだら立派なの?』とか言っちゃう

「30過ぎて独身の友人が最近Twitterで何かに感化されたのか『子供産んだら立派なの?別に子供を産むだけがすべてじゃない!日本はくそ』みたいなことを言い出した。昔はこんなイタイ感じじゃなかったけど、独身をこじらせてくるとこういう思考になるんだなって思った。ちなみに、不妊の友達も似たような感じ。でも子供ができたら180度意見が変わるんだろうな」(30代、女性)というように、自分が手に入れられなかったものに対しては、ひとまず文句をつけて『良いことを言ってるアテクシ、かっこいい!』と勘違いするこじらせ女子って多いですよね。特にTwitterはこじらせ女子の巣窟になっているようです。

もちろん、子供を産まないで立派な人がいることは事実として、しかしその立派な人が子供を産んで育てているとしたら、もっと立派なのではないでしょうかね。

そこまで頭が回らないからこそ、こじらせ女子なのでしょうけど、30歳を過ぎてこんなしょうもないことを語ってる人間が立派ではないことは間違いなさそうですけどね。

【2】『〇〇cm以下は男じゃない』などと言っちゃう

「ちょっと本人には言いづらいけど、外見がいまいちな女友達が結構こじらせ始めた。〇〇cm以下は男じゃないよね~とか、年収が~と、とにかく男下げな発言が多くなってきた。周りは『また始まったよ、ブスの上から語り』ってことでスルーしてますけど、たぶんこの手の発言でストレスを発散して、いつのまにか『私は上から目線で男をジャッジできる立場』と勘違いしてるんだろうなと思う。やっぱり非モテってこじらせが多い気がする」(20代、男性)というように、モテない女性はその原因が自分にあると認めたくないがために、周りが悪いという発言を繰り返すこじらせ女性になりやすいもの。

Twitterで必死に活動している「ツイフェミ」も似たようなもので、デモの画像などを見てもわかる通り『いやいや、あなた部外者でしょ?』という感じの方々が多いのも、こういう非モテのこじらせが原因。

ちなみに、この手の女性に男女をひっくり返して『〇カップ以下は女じゃないよね~』なんて言うと、自分の発言を簡単に忘れ『女性蔑視!』と叫ぶところが面白いですよね。

自分の発言が蔑視だということがわからない頭のイカっぷりもこじらせ女子に多い特徴です。バカなのでしょう。

【3】いい年して若者に張り合ったギャルメイクをしちゃう

「今年御年38歳になる友人は、若い頃は結構モテる美人だったんだけど、もういい年だし、だいぶ崩れてきた感が否めない状況。ただ、同年代で見ても美人な方だとは思うんだけど、何をこじらせたのか、服装が20代前半かよって恰好をしてギャルっぽいメイクをしてるのがちょっと痛い。年齢相応の恰好にしてればモテそうな感じがしなくもないんだけど、まだ若者と張り合いたいみたい。周りも指摘してあげたらいいのに、変に『若い』とか持ち上げちゃうから勘違いが止まらず。40代になってもこの感じでいくのかなって思うとちょいと怖い」(30代、女性)というように、何をこじらせたのか、いつまでもいい年して若者に張り合った格好をしてるアラサー、アラフォーの女性ってたまに見かけますよね。

今でも、若者ファッションが似合うアテクシ、素敵』とでも思ってるのでしょうか。ただのイタイおばさんと思われてることにも気づかないのは、さすがにこじらせ女子っぷりがひどいというもの。

ただ、こればかりは他人からの評価に基づいて行動をしているパターンが多いので、周りが下手にお世辞なんて言ってしまうから…やめられなくなったとか…さすがにこれは擁護が過ぎますかね?ただイタイだけなのに。

 

【4】女子とか言ってしまう

40過ぎのおばさんが、あの顔でぶりっこがひどく、『今日は仕事終わったら女子会なんだ~(きゃぴ』みたいな態度をとられると、一回罵倒してやろうかという気持ちに駆られる。なんで、あんなに女子を使いたがるのかさっぱりわからない。20代までならまぁ、わからなくもないけど、アラサーでも言ってる気持ち悪い人たちもいるし、何の影響を受けてこうなったのかいつも不思議」(30代、男性)というように、どうも女性というのはいつになっても『女性』というか『女子っぽいさ』を出した何かしらの生き物でいたいもの。

そのせいか、女子の引き時を見極められず、いつまでたっても女子気どり、若い気どりでぶりっこが治らないこじらせ女子(あえて女子と言わせてもらいますが…)も多いようです。

小じわの目立つおばさんが集結した『女子会』ってどんな感じなのでしょうかね…。どちらかというと『保護者会』の方がマッチしてる感じがしますけどね…。合コンで女子がいっぱい来るよ~って言われて参加したら、こんなこじらせ女子(笑)がいっぱいいたら、男性だったらガチギレしそうですね。



【5】Fラン出身なのに上から目線で学歴なんか語っちゃう

「いつからだろうか、友達が政治経済に興味を持ち出し、政権批判が生きがいのこじらせ女子になったのは…。Fラン卒のフリーターだからか、最初は『貧困層は~』と、自分の逃げ癖はさておいて語りだしたのがスタートだったと思うんだけど、最近では学歴に物申すようになってきて。東大卒は勉強ばかりでバカばっかりとか、学歴なんて意味がない、総合力が~とか言い出して、フリーターのこじらせ女子っぷりがすごいなーって思ってみてる。自分がフリーターなのは、この世が悪いとか思ってそうだけど、でも努力はしないわ、嫌なことからすぐ逃げるわで、全部自業自得なんだけどね…」(20代、女性)というように、SNSで物申すようになると不思議な万能感を得られるのか、上から目線で政治経済から始まり、自分が持っていない学歴に関しても上から目線で語っちゃうこじらせを発症したりするようです。

Twitterではこの手のこじらせ女子は多く見かけますが、基本的にバカなのにこじらせるパターンが多く、今回の例でいくと学歴もない、関わったこともないけど、高学歴を批判しちゃうアテクシかっこいい!なんて思ってるタイプでしょうか。

SNSが当たり前になってから、こじらせ女子がとても増えたような気がしますね。やはり万能感を得られるからなのでしょうかね。本人はただの無能ですが。

【6】『日本人男性は世界一レディファーストができない』とか言っちゃう

「なんで、男関係がほとんどない友人が必死に語るのかはわからないけど、『日本の男性は世界一レディファーストができない』『海外の男性は女性の扱いが~』と、男性からまともに扱われる機会すらない友人がこじらせまくって、日々吠えてる。そんなに女女と扱われてほしいのかは知らないけど、欲求不満の成れの果てなのかなって思って、コメントもせず、最近ではミュートしてる」(20代、女性)というように、男女問題に関してはこじらせ女子を多く発生させてしまうテーマで、非モテのブスであってもSNS上ではその素性がばれませんから、上から目線でこじらせ女子全開で語ってしまうもの。

これまで、本サイトでは何度か語ったような気がしなくもないですが、価値のある女性に対して男性は結構色々と頑張っているもので、レディファーストが~と語る女性は基本的に非モテが多く、女として扱われていないだけという事例が多いようです。

女性としてちやほやしてほしいのなら、そのブサイクな顔面から何とかしてほしいと思うのですが、自分に原因があるとは1ミリも思っていないところが、さすがこじらせ女子といったところ。

それにしても、海外のフェミニストはレディファーストからの脱却を謳うのに対し、日本の女性はレディファーストができてないと語る時点で本当に幼稚ですよね。

まぁ、男女平等といいつつ一番嫌いなのは公平で、一番好きなのは優遇ですからしょうがないですよね。

【7】「結婚指輪は100万以上じゃない〜」といい歳して言っちゃう

「女性ばかりが多い職場に勤務してるんだけど、20代の女の子が結婚した話題で盛り上がってて。そしたら、40近い先輩(上司というわけではない)が『え〜、30万ぐらいなんだ〜?だめよ、結婚指輪は100万以上じゃないと、大事にされてるかどうかの価値を測るものだし〜』みたいなことを言い出して全員カチンときた。値段=自分の価値という発想がかなりイタイし、そもそもアンタ一生もらえないかもしれないじゃんって思った」(20代、女性)というように、せっかくのおめでたい門出の話に水を指し、さらに女の価値は〜なんて語りだしちゃう、こじらせ女子(ん、女子でいいのかしら?)が多いのは基本的に高齢

まるで自分の行き遅れなのは、そういう金額を積まれてないから、あえて結婚してあげていないと言いたげなこじらせっぷりは、男女共にイラッとくる存在。

さすがはアラフォーの行き遅れだけあるなと思いますが、いい歳して独身女性のままでいると、上から目線で『アテクシ、価値があるのよ』と思っていないとやってられないのかもしれませんね。

そういえば、男性は奢ってなんぼみたいな態度を取っちゃうのも、この年代の女性ですね。この年代で独身だと、どうしても『こじらせ』は避けて通れない属性なのかもしれませんね。

【8】『いい男がいない、結婚したい男がいない』アピールをしちゃう

「『ほんと、最近はいい男がいないわ〜』が口癖の知人。遊び相手はいるっぽいんだけど、あまり長く続いていないようで、別れる度にどうもこういう発言をしてるっぽくて。こじらせていい女っぷりをアピールするのはいいけど、いい男が独身の38歳を口説くもんかね…と思いながら、一応は『やっぱり草食化の影響じゃないの?』なんて言って話を合わせてはいるけど、内心『単純にモテなくなっただけだよ。察しろよ』と思ってる」(30代、男性)というように、【7】の事例とだいたい同じですが、行き遅れで高齢になると、そんな自分の言い訳として『いつでも結婚はできる。ただ、いい男がいないから、結婚してあげていないの。私クラスになると、そんじゃそこらの男じゃね…』というキャラクターを演じだすこじらせ女子が大量発生してきます。

そうでしょう?そうでもしないと、現実の哀れな自分の姿に耐えきれず、引きこもりになってしまいそうなものですから、自己防衛本能としてこのようなこじらせを発症してしまうのでしょう。

ただ、別にこじらせ女子になってしまう分にはいいのです。黙っておけば…それをいちいち行動に、口に出すから周りから小馬鹿にされるのであって、どうしてこうも『こじらせ女子』というのは、黙っていられないのか、不思議でしょうがありませんね。

 

いかがでしたか。

こじらせ女子には、モテないからこじらせるのか、それともこじらせるからモテないのか、様々なパターンがあります。

ただ大多数は自分への慰めが欲しいための行動であり、ある意味哀れなモンスターのような生き物ですので、もしこじらせ女子を発見し、ちょっとでも心に余裕がある場合には優しさの意味を込め、『そうだね、そのとおりだね』なんて同意してあげると、こじらせ女子の心は満たされ、モンスターから人間の姿に戻れるのかもしれませんね。

まぁ、イタイ女子から普通の女子に戻ることはないのでしょうけど。



よかったら拡散してくれると嬉しいです

LINEで送る このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

NHKアニメおしりたんてい風に
「いくらレディファーストと云えども、結婚指輪を値段だけで査定するような穢れた心では、ダイヤモンドの輝きは似合いませんね~」



最近の投稿されたコメント

この内容、年上のおじさんで言い換えてみましょう(笑) 加齢臭おじさんがおばさんを批判するのは当たり前。同族嫌悪では? ちなみに20代からしたらおじさんなんか臭くて無理だから。金持ちなら話は別。かげで彼氏…


デブは生きている価値なし 痩せようと思えば痩せれるのに甘い それなのに美人のスタイルいい可愛いお友達に異性から声掛けられてるのを 男性って顔ばっかりただやりたいだけでしょっていうやついるけど そんな…


年上の女性がいいというのは嘘だ。老けるの早いし、年上の女性が包容力があるといのも嘘だ。男性は老後を考えても年下の女性と結婚した方がいいということだ。性生活を大事にしたいなら若い女性だ。


美人とイケメンは良いよな、少しでも多くの良い遺伝子を残してください。。


学生の時に過激なジャニヲタの先輩がいて、嵐のメンバーや関ジャニ∞のメンバーなどの実家の住所やら電話番号やらをリストにしてプレゼントされたことがありました。 そんなのもらっても困るし(笑)、 さすがにジ…


デブで自己評価が高い奴は頭が不自由なんだろうか 鏡見てから出直そうか


↑ 旦那側の愚痴だと思うよ 一緒に苦労したのに妻に全否定されたってことかと


若い女性はおしゃべりで興奮すると声が高くなります。若くない女性は会話で興奮すると高い声が出せないためにデカイ声を出します。 声がデカイとは、そう言うことです。


「フェミニスト」=「男性憎悪主義者」だろ。「ツイフェミ」に限らずな こいつらが喚いてきたことと言えば20~30年くらい前からも セクハラ・DV・ストーカー・女性専用車両・・・ これで終わるかと思いきや1~2…


気持ち悪い外人の広告


このサイトについて

ご意見・ネタ提供などお待ちしております。

   
Copyright 2017 ぽんぴん All rights reserved