もう帰っていいですよ?初デートでありえないと思う女性の行動7パターン

2019年05月05日 01:54

デートの前日まで多少は楽しみにしていたものの、いざデートしてみると全然楽しくなく、早く帰ってくれないかな…って思う女性っていませんか?今回は、初デートを台無しにしてくれる「デートでの行動がありえない女性」についてご紹介します。



【1】何を思ったのか、へんてこなメイクでやってくる

「会社関係で知り合った女性とデートすることになった。見た目も普通な感じで好感が持てたし楽しみにしていたんだけど、当日のメイクが『いかにも化粧を頑張りました』的な感じでがっかりした。なにあの真っ赤な口紅は…って感じで流行りなのかは知らないけど、可愛いと思ってるのは本人だけでこっちからすると最高にダサいな…いい歳して…と思った。適当に仕事の連絡が入ったふりして帰りました。」(20代、男性)というように、妙な女性誌の影響を受けたのかは知らないですが、ファッション誌に掲載されている『私、可愛いでしょ?(ミャハ』的なメイクでデートにやってこられるとちょっと恥ずかしいと思う男性もいるようです。

私も最近よく見かける若い年齢の女性がやっている安っぽいメイクを見ると、自己顕示欲の塊かな?と思って関わりたくないと感じるタイプなので気持ちはわかりますが、いつもの雰囲気と違ったダサいメイクでやってくると、正直デートの気分じゃなくなるのも理解はできますよね。

一緒に連れて歩きたくない女になった時点でデートは終了なので、できれば無難なメイクでやってきてほしいと思いますけどね。

こういう指摘をすると、一部のファッションバカが『個性なのに〜』とか『センスがないからでは?』みたいなことをいい出しますが、雑誌の猿真似で個性を語られても滑稽ですし、ただの奇抜でダサい格好でセンスを語られても、乾いた笑いしか出ないことをどう説明したら理解してもらえるのか、いつも考えてしまいます。

【2】待ち合わせに遅刻してやってくる

「最近馴れ馴れしく絡んでくる女性がいるんですけど、一緒に出かけたいとしつこいので1回ぐらいならと待ち合わせをすることに。で、待ち合わせ時間になっても来ないし、10分後にLINEが来て『ごめん!ちょっと遅れる』って言うから待つことに。で、結局30分経っても来ないので、そのまま無視して他の女性と食事に行くことにしました。1時間ぐらい経過して『今ついた!今どこ?』って連絡が来たけど、こういう時間にだらしない女って本当にないわーって思った」(20代、男性)というように、性格も下◯身もだらしない女性って、時間にもだらしがない傾向がありますよね。

せっかくのデートですから、始まりから終わりまでなるべく不愉快な思いをしたくないと誰しもが考えることですが、待ち合わせの遅刻に関してはデートの始まりですから、待ち合わせで不愉快な思いをさせられると1日中不愉快な気分になるといっても過言ではありませんよね。

時間にルーズなタイプは仕事でもプライベートでも信用ならない人間と判断されますので、なるべく待ち合わせ時間には余裕を持って来てもらいたいものですよね。

【3】香水の臭いがえぐいことになってる

「初めてデートに行くことになった相手の香水がえぐいことになっていて冷めたことがあります。しかも、その日はお寿司屋さんを予約していて、その相手のおかげで味なんて楽しめないし、他のお客さんに迷惑がかかってるのではないかと思うと気が気じゃありませんでした…。」(20代、男性)というように、電車の中でも遭遇しますが、鼻に何かしらの障害でもあるのかな?というレベルで香水を振りまいてる質の低い女性っていますよね。

個人的には香水が好きなので、香水をつけてること自体はむしろポジティブなイメージがあるのですが、ただ限度を超えた女性に関しては正直、病院に言った方がいいのでは?と真剣に心配してしまうこともあります。

匂いを振りまきまくる女性と一緒にデートしていると、周りに申し訳ない気持ちで1日を過ごす結果となりますので、なるべくならほのかに香るぐらいにしていただけると嬉しいですよね。



【4】ダサい服装でやってくる

「会社関係で知り合った女性と初デートの時になんかサブカル臭全開の格好でやってきた時。出会った時はスーツだったので、そのイメージがあったんだけど、私服があまりに受け付けなくて、正直一緒に歩くのすら嫌だった思い出。やってきた瞬間『あ、サブカルくそ野郎だ』という言葉が頭に浮かびました」(20代、男性)というように、相手の女性にとっては精一杯のおしゃれなのかもしれませんが、あまりに個性が全開に発揮された服装だと相手を選んでしまうので、ドン引きされることも少なくありませんよね。

個人的には「個性があると勘違いしている無個性な女性」がこの手の格好をしている印象がありますけど…。会社では素敵だけどプライベートでは本当にダサいの典型のようなパターンですので、そんな状況に遭遇した場合には、ひとまず人があまりいないところでデートして、早めに切り上げて帰るのが最善の行動のような気がしますね。

【5】「今日お金ないんだよね〜」といい歳して貧乏アピールしてくる

「友人の伝手で知り合った女性との初めてのデートの時。やってきて一言目が『今日お金ないんだよね〜』だったので、どんびき。別にデートでのお金ぐらい出すつもりでいたんだけど、露骨にお金ないアピールをいきなりしてくるとは思わず、気分が萎えたのですぐ帰りたくなった。途中で仕事が入ったといって帰りましたけど」(30代、男性)というように、女性はマッチングサイトなどでもプロフィールにやたらお金がないと書きたがる貧乏くさい生き物

遠回しに奢ってアピールをしたいのだと思うのですが、その時点でお金で割り切った関係しかしたくなくなる男性は多いのではないでしょうか。

どういう家庭で育つとこういう女性になるのかは不明ですが、その女性の親兄弟も育ちの悪い人間性のような気がして、とても親族になるような関係にはなりたくはありませんよね。

【6】やたらスマホをいじる

「初デートの時に、やたらスマホいじってる時にありえないと思った。暇なのでどこか行きたいって言うので車を出したんだけど、やたらスマホをいじってるし、カフェにいってもスマホをいじってるし、こっちも暇じゃないんでそんな人とのデートは二度とないなと思った。カフェでトイレのついでに置いて帰ったんだけど、連絡が来たのが1時間後で、どんだけスマホに熱中してんのかと思った」(20代、男性)というように、ちょっとした空いた時間をスマホで時間潰しをする癖がついてるのか、事あるごとにスマホをいじる癖のある女性って多いですよね。

TPOという概念がない底辺層に多いような気がしなくもないですが、相手を不愉快にしているということに鈍感な女性は、別の場面でも不愉快な思いをさせてくる可能性が高いので、デートの不向きなのかもしれませんね。



【7】帰りに合格判定される

「パーティーで知り合った4つ年上の女性との初デートでの話。出会った時から、ところどころ上から目線な感じが気になってて、正直気乗りはしてなかったんだけど、デートが終わって帰ろうとした時に『女性のエスコートがうまいね。合格よ』みたいなことを言われてかちんときた。申し訳ないけど、付き合う気もないし、40近い行き遅れなんて、こちらからすれば不合格なんだけどって思った。」(30代、男性)というように、婚活パーティーなんかに登場する女性は、男性にまともに相手にされない分際で上から目線で品定めをするタイプが多いもの。

初デートで品定めをされるだけでも不愉快ですが、その上今回の例のように、女として完全なる不合格の存在に品定めされるとさらに不愉快度合いが増してしまいますよね。

合格判定は確かに初デートでイラっとしますが、ただ、相手の女性がとてもレベルの高い女性だとむしろ嬉しく感じるのはなぜなのでしょうかね…。橋本環奈に合格なんて言われるとやったぜ!!という気分になりそうですね。

 

いかがでしたか。

初デートというのは、相手のことを深く知ることができる初めての機会。

そんな大事な時に不愉快な行動を取れる女性は基本的に相手の気持ちに立って物事を考えられない頭の弱さがありますので、不愉快な目にあった際には深追いせず、早めに関係を終わらせた方が人生において有益かもしれませんね。



よかったら拡散してくれると嬉しいです

LINEで送る このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント



   
Copyright 2017 ぽんぴん All rights reserved