え、マジ?彼女の過去を知って、彼女と別れたいと思ったこと9パターン

2020年03月21日 00:37

昨日までは仲良く付き合っていたけど、とある彼女の過去を知った途端、もう彼女とは別れてしまいたい…そんな状況になったことはありませんか?知らなければよかったのかもしれませんが、知らずに結婚してしまったら、永遠に取り返しのできない事態になったかも?今回はそんな彼女と別れたくなった過去についてご紹介します。



【1】若い時に不倫していた

「同じ会社でこっそり付き合ってる彼女。来年ぐらいには結婚しようかなと話が出ている中、飲み会で同僚が『○○って、△△の部長と入社当時不倫してたよね。』って話題が出てドキッとした。しかも、結構知ってる人が多くて、知らなかったのは私だけだったんだと思った。飲み会が終わった後、彼女と会う約束をしてたので彼女の家に行ったけど、とにかく気分が晴れないし、とにかくメンタルがやられまくった。しかも、その部長って結構一緒に仕事してるんだよね。会社すらやめたい。」(30代、男性)というように、彼女が過去に不倫していたなどを聞くとドキッとする男性は多いのではないでしょうか。

しかも、今回のケースは同じ社内ということで、さらに落ち込み度合いが増すのではないでしょうか。

どうして同じ会社でそういう関係になる女性って多いのでしょうかね、入社して仕事ができると感じた男性にホイホイ惚れて、下半身がゆるくなるのでしょうかね?

それにしても、人間関係が近い人たちで○ブラザーを構築して何とも思わない恥知らずとは結婚しない方がいいのは確実ですけどね。嫌でしょ?仕事関係者のお古なんて(笑)

【2】付き合ってる人数が多かったこと

「彼女とお店で飲んでいた時のこと。『元カノってどんな人だった?』と嫌な質問をぶつけてきたので、なるべく話したくなく話を濁していたところ、『私も元カレとかいっぱいいるんだから、お互い腹を割って話そうよ』と言い出した。ん…?と思って話を聞いてみると、今まで付き合った人数が20人くらいって言われてギョッとした。だって、まだ23歳じゃないの?って思ったら、ちょっとこれは…と思って、別れを決意した。どんだけホイホイ男が入れ替わってんだよ、このヤ○○ンはって思ったら、交際なんて継続できるわけもなく。突然、汚い感じに映って耐えられなくなった」(20代、男性)というように、ただのヤ○○ンの分際で『恋愛』を語る恥知らずって結構多いですよね。

さらにレベルアップすると『いっぱいいい恋愛してきたの!後悔なんてないよ!』と、自分に酔いしれてヤ○○ンを正当化しだしますからね。そりゃ後悔はないでしょうね。後悔したなんて言っていたらただの股のゆるい人ですってことですしね。

ちなみに、付き合った人数の多い女性と付き合うと、何かの拍子で○ブラザーと遭遇することがあり、その度に相手の男性は内心『あぁ、あのヤ○○ンか』な〜んて思ってる可能性がありますので、そのメンタルに耐えられる覚悟があれば、経験人数が多い女性とお付き合いを継続するのもありでしょう。

女性も女性で付き合った人数でマウントを取る恥知らずな属性もいっぱいいますしね…。

みんなが汚しまくった後始末も大変ですねという印象がありますが…。

【3】遊びまわっていて、チャレンジも努力もしていなかった

「私の場合は、別にいいじゃんって思うかもしれないですけど、これまで遊び回って努力も何もしてこなかったことがちょっと嫌になってきたというか。同棲してるんだけど、そう思うきっかけが、私の方が稼いでるので家賃を多めに出してほしいって当たり前かのように話を出してきた時。多く出すこと自体は構わないんだけど、仕事後も遊び回って何もキャリアアップをするわけではなく、対してこっちは仕事後も資格の勉強もして着実に昇給してるわけで。だから運がよく給料がいいわけじゃなくて、努力に裏付けられて給料が高いだけなのに、それを努力しない側が私に負担をして当たり前みたいな態度を取られるとなんだかなぁ…と思った。大学の時の話も文系で遊んでた話しか聞かないし…。今、頑張ってるならわかるんだけどね」(20代、男性)というように、努力するしないは個人の自由ですが、相手の努力で得られたものを当たり前のような態度で搾取しようとする女性って、なんだかがっかりしますよね。

そういえば、奢る奢らない問題でも、よく女性が『相手が稼いでるんだから』みたいな話を出しますけど、その稼げるようになるまで人は何年も時間をかけて努力したからこそ、稼げているもの。

努力はしないが、相手の努力によって得られた果実だけは一緒に手に入れて当たり前みたいな態度の女性って、相手からするとなんだか意地汚い性格だなと思ったりするのでしょうか。

【4】某宗教に加入してる、または加入していた

「付き合って3ヶ月ぐらい経った時、彼女の母親から彼女に電話があったんですよ。電話が終わった後、彼女が『ほんと、選挙の時に毎回連絡くるんだよね…めんどくさいなぁ』というセリフが。それで、彼女もその某宗教に?と聞いたら、『昔ね、今は全然参加してないけど』と言われて、すべての恋愛感情が一瞬で吹き飛んだ。ただ、色々とあの近辺はいい噂を聞かないし、ちょっとずつフェードアウトしようかなと思ってる」(20代、男性)というように、今は参加してないなんて言われても、事実として過去にその某宗教で活動していたという時点で、男性からすると絶対NG!!!と言いたい人は多いのではないでしょうか。

海外では宗教なんて当たり前と言う人もいるとは思いますけど、日本の某宗教はもはや信者が変な洗脳をされてるのではないか?という行動や言動を行っているので、そんな妙な思考の人たちと親戚づきあいになりたくない!と思うのは自然の成り行き。

宗教問題は繊細な問題ですので、ちょっとでも違和感を持ったら別れた方が無難かと思います。

別の宗教ですが、ある夫婦の妻が入信した途端、家の全財産をお布施したあげく、さらに両親を騙して借金し、そのお金までお布施してボロボロになった事例もありますので、本当に注意が必要です。



【5】精神科に入院してた

「すごいかわいい彼女ができて喜んでた。ちょっとピアスが多いなと思っていて、あとなんだか結構怪我の痕が多いような…と思ったけど、でもかわいいので、見ないふりをしていた。それで、彼女の家に始めて遊びに行った時、なんか薬を飲んでいたので『風邪でもひいたの?』って聞いたら『これでも減った方なんだけどね』と言われた。減った???とよくわからなかったんだけど、話を聞くに精神科に入院してたらしく、その結果色々怪我の痕があるらしかった。色々エピソードを聞いたんだけど、かなり怖い…と思った。ただ、彼女はとてもかわいい…かわいい彼女だから、気にしないふりをしたんだけど、でも、かわいいけどなんだかそのかわいい彼女がホラーみたいな状況になるんじゃないか?と不安になってきて、最近では怖いが勝ってきた。残念だから別れようと思うけど……無事に別れられるのかなと思うと踏ん切りがつかない」(20代、男性)というように、強めのメンヘラ女性はなかなか…ですね、強いタイプが多いです。

あの…色々書くと怖いので、この辺で…。結構怖いですよ?

【6】大人のビデオに出てた

「ショックすぎて引いたことは、付き合ってた彼女が素人として、大人のビデオに出演してた過去があったことを知った時。見た目的にそんな雰囲気が全然なくて、ただかわいらしい彼女だったんだけど、友達からURLが送られてきて、『お前の彼女に似てね?』って言われてみたら、まぎれもない彼女だった。聞いたら悪びれる様子もなく、昔のことだし、別にバイト感覚でみたいな話をされた。」(30代、男性)というように、はした金でホイホイ裸になってしかも、映像に残す貞操観念ってどうなのか?って一般的には思うものですが、ちょっと頭が悪い女性になると『職業に貴賤はない』みたいなことを言ったりしますよね。

たぶん、スカウトされた際に、そういう理屈でこれも立派な仕事!みたいな話を出されてたのかな?って思うのですが、だったら自分の娘がその道に進もうとした時、全力で応援するのか?って話になると思うのですよね…。

自分の周りの人間から、付き合ってる彼女がそういう目で見られるのは余程変わった性癖の方以外いなさそうなので、普通の男性だったらもう別れると考えるのが普通ですよね。

【7】風〇勤務の経験があった

「風〇経験があるって聞いた時、もう付き合って2年目で結婚も考えたけど、別れることにした。そしたら、彼女のそっち系の友人だか何か知らないけど、わらわらやってきて『こんなに彼女は本気なのに』とか『愛してるとは嘘だったのか』とか、『愛してるならすべてを受け入れるべき』みたいなことを言い出してうんざりした。だって、もう冷めて愛してないんだから、すべて当てはまらないのに何を言ってんのかと思った」(20代、男性)というように、自分のネガティブな部分をすべて受け入れるべき!(ふんがー!)と鼻息を荒くして語る女性って本当に多いですよね。

何度も言いたいのですが、男性は産廃処理場ではないのですから、嫌なものをすべて受け入れる必要はないということをいつになったら理解できるのでしょうかね…。

愛してるなら~なんて言ってますけど、それ以前に後先考えずに行動する女性に与える愛はないということを理解できれば、少しは世の女性も考えて行動できそうなものですけどね…。

それにしても『あ、昔おれもお前の彼女にお世話になって~』みたいな話をされたらどんな気分なのでしょうかね…。あぁ、あいつの女は金でホイホイ何でもしてくれるよって言われることを受け入れたい男性なんているのでしょうか…。

【8】ナンパされて遊んだ経験が豊富だった

「居酒屋で男友達と飲んでいたところ、隣の席にいた女子大生のグループがいて、仲良くなったうちの1人と付き合うことにしたんだけど、度々連絡取れなくなったりとかがあって。で、彼女の女友達に相談したところ、申し訳無さそうな顔で『あの子は結構ナンパされるし、ノリがいいのでついていって色々あるから…。この間も飲み会したんだけど、帰り気づいたらいなかったんだよね』ということを教えてもらった。居酒屋で出会えたぐらいだし、納得できる部分があるけど、でも付き合ってるにも関わらずにそういうことが多いってやっぱり無理かなって思った」(20代、男性)というように、ホイホイとナンパされて、ホイホイと付いていく女性はかなりな地雷。

もうこればかりは価値観ですし、どうやっても治るものでもありませんので、気づいたら別れるのが正解。

よく雑誌でワンナイトラブなんて言葉が女性誌でも出てきますが、要はまともに知らない人でも簡単に股を広げるヤ○○ンのことをワンナイトラブと言ってるだけですので、雑誌でそんなヤ○○ンを肯定的に話してる時点でお察しな女性が多いということ。

それにしても……ワンナイトラブと言っちゃうあたり、女性にとっては愛なんて安っぽいものですから、愛してるのになんて言われても真に受けないほうが良いかと思います。



【9】地元で色々とゆるいと評判だった

「上京して3年目ぐらいに知り合った彼女。私も彼女もどちらも東京が地元ではないんだけど、長期連休で彼女の地元に遊びに行った時に、彼女の知人グループと遭遇。彼女と女友達が話し込んでいる時、そのグループにいた男から『悪いことを言わないから、別れた方がいいと思うよ?何がよくて付き合ったの?』と言われて、なんのことだろう?って思ったら『結構地元でヤ○○ンで有名だよ?あの女友達にこっそり聞いてみてもいいけど…。』って言われて目が真っ白になった。そのままそのグループと一緒に食事に行くことになったんだけど、トイレに行った女友達に聞いてみたら最初は渋ったけど、内緒にしてほしいってことで教えてもらった。上京を期に外見とかも結構違ってるらしく、昔の写真とか見せてもらったけど別人だった。昔のことだし…と割り切れない自分がいる」(20代、男性)というように、昔のことであれば確かに昔のことではあります。

しかし、彼女ともし結婚することになって、彼女の友人とかが参加した際、『あ〜あの男、ヤ○○ンと結婚したんだ…』なんて思われると、かなり男性としてはダメージを受けるもの。

ましてや、同窓会に行くなんて話が出た際には、その同窓会に○ブラザーの皆様がいっぱいいるかもしれないわけで、結婚しても気が休まらないのではないでしょうか。

地元で下半身の評判が悪い女性もそうですが、地元でやたら元カレが多い女性などについては、実は色々妙な目で見られることが多いので、過去のことであろうとも別れて他の女性を探した方が将来を考えるとプラスかなと感じますね。

 

いかがでしたか。

よく女性は『愛してるなら過去も受け止めてあげて』なんて説得をすることがあり、その度に男性は悩むことがあると思うのですが、しかしながら過去を知って悩んだ時点で『愛してる度合いがほとんど残っていない』ことが多いのが現実。

よって、愛してるなら〜と言われても、心のどこかですでに愛は欠損しているはずですから、何を言われても彼女の過去がどうしても嫌だと思った際には、一時的な情に流されず、あえて別れる勇気を持つことも大事かなと思います。



よかったら拡散してくれると嬉しいです

LINEで送る このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント



最近の投稿されたコメント

ふむふむ、ブス女にはゲス男がお似合いなのね。 だからゲス男にしか相手にされないの?可哀想…


彼がイケメンで、かっこいいけど、性格が自己中で、俺様で、思いやりのない男ですが、顔がかっこいいから、別れられない。


ゲス男には、ブス女がお似合い。 ゲス男のくせに、ブスは、嫌だって言う奴。自分の顔よく見てから、発言してください。


43ですが、35歳のイケメン彼氏いますけど。綺麗なら、40過ぎててもいいよと彼は、言ってくれます。40過ぎても、美意識高く、努力次第だと思います。


↑そういうとこやぞ。 ブスが嫌われるのは。


意見してるやつらよっぽどイケメンなんだろうなブスブス言ってるから。


そう言う君一人が人間をやめたまえ^^ そうすれば即解決である


ツイッターやヤフコメとかに平日の昼間から張り付いて聞いてもいない旦那、男性への愚痴と主婦がいかに大変かを書き込む人達が急増してるけど、この手の人間は自分が矛盾してると気付かないのかな


こんな事言ってる人全員人間やめて欲しい


原チャリには原子力!


このサイトについて

ご意見・ネタ提供などお待ちしております。

   
Copyright 2017 ぽんぴん All rights reserved