妄想の中で生きてる系?ネットで必死に見栄を張りたい女性6パターン

2018年06月10日 11:52

現実ではあまりに承認欲求が満たされないのか、必死にネットでマウントを取りたがる「見栄を張り続ける女性」っていますよね。本人は優越感に浸りたいのかは知りませんが、周りから見たらただただ痛い女性に見えるもの。今回はネットで必死に見栄を張りまくる女性のパターンについてご紹介いたします。



【1】実年齢より若く見られるアピール

「たまたま知ってしまった会社の人のツイッターアカウント。家に帰って何を呟いてるのか見て見たところ、いい年して独身だからなのか、やたら若く見えるアピールを繰り返していました。誰にまだ20代後半に見られるとアピールしてるのかはわからないですが、どうみても40代に見えてますし、罰ゲームで誰かに『20代に見えますね』と言われたのかな…?と少し心配になってきました」(30代男性)というように、余裕がなく、自分に自身のないおばさんたちは、誰かがいったお世辞を本気にしてアピールしてしまうもの。誰がどうみても、若く見えないにも関わらず、若く見えると言われ、舞い上がって痛々しくなってしまう典型的な例ですよね。

実際に余裕のある女性は、若く見られたとしてもさほど真に受けず、アピールしない傾向がありますので、やたらアピールする女性=お世辞がわからないレベルの知能 というぐらいに考えておくとよいのかもしれませんよね。

ちなみに、知人に若く見られる美人な女性がいましたが、余裕のある女性は表立って若く見えるなどとアピールすることはありませんでした。

【2】アイドルにダメ出し、私の方が顔面偏差値が上だとアピール

「橋本環奈に関する話題が2ちゃんねるの既婚女性板にあがっていた時のこと。その中の書き込みの1つに『橋本環奈はたいして可愛くはない、60点くらい』といいつつ、自分のことに関しては『学生時代、顔だけなら98点だけど性格は75点だなってディスられた』という書き込みを見つけた時。もういい年したおばさんがこんなところで見栄張ってどうすんだよ…と悲しくなりました。哀れでw」(30代男性)というように、芸能人は大したことはない、でも自分は美人と言われたと、嫉妬に嫉妬を重ねたかのような女性の書き込みってよく見かけますよね。

そんなに美人だったらもっと華やかな人生だったろうにと思いますが、ネットで必死に見栄を張るだけの人生になっている以上、性格も顔面のレベルもたかが知れてそうですよね。

そこまでしないと、自分のプライドを保てないのか、女性は年を取るほど哀れな生き物になる確率が高そうです。

【3】旦那、彼氏の年収は多いよアピール

「ネットでもリアルでもどっちにでもいますが、無駄に彼氏や旦那の年収多いアピールする女。小学生の『俺の父さん◯◯なんだぜ!』って必死にアピールするバカガキを思い出していつも笑ってしまう。よほど自分に何もないから、すがるものが欲しくなるのですかね?」(20代男性)というように、自分にアピールポイントがなく、惨めな女性が最後の切り札でよく使うのが彼氏、旦那のすごさアピール。

話によると、ママ友たちのマウンティングにもよく出てくる技のようで、直訳すると「自分は何の取り柄もない、しょうもない女ですけど、旦那の年収はいいのです」というところでしょうか。

旦那に捨てられると、途端に何1つアピールポイントのない女性に成り下がってしまうので、何としてでも離婚されないよう、頑張っているのかな?という点では、ある意味努力家なのかもしれませんね。ネガティブ方向での努力家ですけれども。



【4】私の写真、美人でしょ?アピール

「必死に光を当てて、角度も考えてインスタに自撮りを投稿する友人。実物を知ってるだけに『誰これ?』って思いますけど、どうみても現実のあなたと違いますよね?とコメントするわけにはいかず…。虚構の世界で生きてて虚しくないのか?と悲しい気持ちになります」(20代女性)というように、プリクラもそうですがその虚構の自分こそが本当の自分!とばかりにアピールしている哀しきモンスターって多いですよね。

プリクラが流行した理由もこのあたりにあるのかなと思いますけど、鏡で見ている自分と明らかに違う自分を生み出して何が楽しいのかと理解に苦しみますが…。みっともない自分の外見が少しは救われた気にでもなるのか、疑問は残りますが…。

ちなみに、「私、可愛くなりたい」「ブスで辛い〜」という文章をセットに投稿し、「可愛いじゃん!」「そんなことないよ!」という流れまでが1セットとなります。

まぁ、そんなことあるのがほとんどで、だいたい可愛くはないのですけどね…実物は…。

【5】◯◯すら作れなさそうとさりげに料理上手アピール

「あまり日常作られないと思われる料理名を出して◯◯すら作れなさそうと、さりげなく『私、料理結構知ってますけど』アピールする女性。『すら』ってつけてるのに、ニッチな料理名を出すか?っていつも思う」(30代女性)というように、女性の妄想言語を見ると、言葉のところどころに『私すごいでしょ?って思われたい』という動機がよく隠れているもの。

◯◯すらといいつつ、その◯◯は難度の低い、よくある料理ではないってところがポイントです。

ちなみに、料理だけではなく、コスメだったり何だったりと応用が可能なテクニックですので、よく使われています。ぜひ一度女性の書き込みなどをよく見て見ると面白いかもしれませんね。

【6】ブランド品や海外の写真でセレブアピール

「知らないふりしてるけど、知人がSNSで必死にセレブアピールしてるところ。やたらキラキラした写真やブランド品の画像をアップしたりしてますけど……そのブランド品って私が買ったものをスマホで撮影したものなんですが…。そこまでしてセレブアピールしたいのか、この貧乏人は…って、ドン引きしました」(30代女性)というように、写真の投稿のみではその真偽は特定されませんから、好き放題かっこいい自分を演出するのが、妄想の中に生きている女性の特徴ですよね。

しかも、貧乏臭く、人が買った物まで撮影して、あたかも『私、また買っちゃいました〜(ミャハッ』というのは、何だか可哀想な女性なのかな…?と同情してしまいたくなるもの。

そういえば、ちょっと前にセレブアピールを必死にしていた女性が、実際は無職で偽ブランド品の売買をしていた結果、逮捕されたというニュースがありましたね。ハイパーエリートニートといいつつ、ニートという部分だけが事実だったという笑わせてくれる女性ですが…。

あの哀れな女性こそが、妄想に生きている女性の最高位あたりに属するのかもしれませんね。笑えましたけど。

 

いかがでしたか。

インターネットでは、顔面の厚塗りに加え、自分の生活すら虚構で厚塗りしている女性が多い世界ですので、ぜひそのような女性のアカウントを見つけた際には積極的にフォローし、「今度はどのパターンで来るかな?」と、観察するのも楽しいかも知れませんね。

 


よかったら拡散してくれると嬉しいです

LINEで送る このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント



最近の投稿されたコメント

女性が好きではないようですね


ワンオペ(餓鬼一人) 愚痴なら何もしない親父にでも言っとけ


なぜ付き合ったんだ… って思ったけれど、付き合ったからこそ分かったことだと理解


【8】に関して なぜ今まで色々努力してきたのに 避妊する努力をしなかったのか 避妊はちゃんとしような


以前の職場に居た汚局はとにかく毒々しい香水を使うもんだから、酒臭さと混ざってとにかく激臭 車で通勤してるけど酒気帯び運転で捕まらないかな~と陰ながら願ってた。


NHKアニメおしりたんてい風に 「いくらレディファーストと云えども、結婚指輪を値段だけで査定するような穢れた心では、ダイヤモンドの輝きは似合いませんね~」


今日は車の列が流れていてとてもわき道から入れるタイミングではないのに強引に入ってきた女性ドライバーに腹が立っています。もう少しで事故でした。挨拶もなし。


じゃあ、整形代出してやれよ。 バカじゃねーの。


接客業やってると分かるけど、男女共に40代以降が圧倒的に性格悪い。 基本的に店員にタメ口で上から目線。 若い子の方が性格良いし、見た目も綺麗だし、接客してて気分がいい。 若い子は若い子同士でくっついて…


ネットでいつもバチバチやってるのはミサンドリーとミソジニー フェミニストは関係なし 2020-05-20 18:31:31も勘違いしてるが、フェミニストが目指してるのは男女平等で合ってる 男が上だ!女が上だ!ってやって…


このサイトについて

ご意見・ネタ提供などお待ちしております。

   
Copyright 2017 ぽんぴん All rights reserved