婚活界の産廃?売れ残りやすい女性の特徴10パターン

2018年11月23日 19:46

毎回毎回婚活パーティーに参加するものの、売れ残り続ける人って周りにいませんか?たいした価値もないにも関わらず、自己評価だけは一人前の女性というのは永遠に独身のまま、SNSで愚痴るだけで一生が終わりそうですよね。今回はそんなゾンビみたいな売れ残りやすい女性の特徴についてご紹介いたします。



【1】底スペックのくせに、プライドが無駄に高い

「もう40過ぎてるのに、過去のモテた栄光が忘れられないのか、毎回毎回婚活パーティーに行っては『いい男がいない』と愚痴る高校からの友人。私に釣り合う男がいないって、あなたの望む年収1000万円の男性からすると、あなたは格下すぎて付き合う気も起きないって何故想像がつかないのか、いまだにわからない」(40代、女性)というように、若い頃モテてプライドが高いまま、おばさんになってしまった女性って、現実と不釣り合いな自己評価のために、婚活パーティーでうまくいかないパターンって多いですよね。

高スペックの男性から見れば、自身が高スペックである以上いい女性を選びたいものですが、何が悲しくて高収入になったあげく、高齢の女性を選ばないといけないのかという声が聞こえてきそうですね。

男性の正直な意見としては、若く見えるなんて何の意味もなく、現実に若いかどうかを見ていますので、高スペックの男性が参加する婚活パーティーには、30歳以上は立ち入り禁止にしてほしいといつも願っていることでしょう。

【2】とにかくアイドルが大好き

「某男性アイドルのおっかけばかりやってきたA。彼氏ができる度にそのアイドル趣味にドン引きされ、短期間で捨てられる事に。事あるごとにアイドルの話題を出す女性なんて、男性からすれば正直気持ち悪いし、そりゃ捨てられるわなって思うんですけど」(20代、男性)というように、男性から見たらアイドルのおっかけなんてやっている女性は、ただただ気持ち悪いの一言。

女性がアイドルのおっかけをやっている男性が気持ち悪いということと同じで、自分のパートナーが別の異性に熱をあげている姿は、お付き合いしたくないと思うのも自然な流れなのかもしれません。

巷では、男性のアイドルオタクは気持ち悪いみたいな風潮がありますが、女性のアイドルオタクも十分すぎるほど気持ち悪いですので、少しは女性自身も自覚されたほうがよろしいかと思います。

【3】低スペックの分際で相手には高スペックを求める

「『将来結婚すればいいし、就職なんてしたくない』と実家暮らしでフリーターのA。そろそろ結婚しないといけないなーなんて言い出したはいいけど、イケメンで背が高くて年収が高い男性を紹介しろと言ってきてびっくり。デブスで年収200万もなく、家事もできない実家暮らしの世間知らずなんて紹介したら、友達なくしそうなんですけど…。いっそ一生独身でいてくれた方が助かるんですけど…」(30代、女性)というように、実家暮らしの世間知らずの底スペック女子は、まともに社会に出ていないためなのか、ゴミレベルのスペックであっても堂々と高スペックを求める図太い神経を持ち合わせている人が多いようです。

私の知人も30半ばで、年下のイケメン高スペックの男性に何かと言い寄っていましたが、相手の男性はただただドン引きしていました。

家事もできなければ仕事は非正規と、徒手空拳で高スペックにアタックしようとするその勇気だけは見習うものがありますが、男性が女性に「キモいよ」と面と向かって言わない優しさ故に、そのような地雷女が行動を自粛しないので、男性の優しさもある種の迷惑行為ということをわかってほしいかなと思ったりしますが…。

【4】コミュ障で、あまり意思疎通ができない

「ちょっとコミュ障気味の友人女性。仲がいい私たちとは多少話したりはできるものの、『婚活で出会った人と2回目がない』といつも愚痴っていました。本人もコミュ障気味なのはわかっていて、その上で『私のこと、わかってくれる人がいなくて辛い…』なんてウジウジしていますが、そもそもコミュニケーションがまともに取れないのにどうやってわかりあえるのだろうか?と思いはしたけど、ひとまず黙っておきました」(20代、男性)というように、まともにコニュニケーションを取らないにも関わらず、私のことをわかってくれないと主張する頭が少し弱い女性ってたまに見かけますよね。

お互い色々なことを語り合って、色々とわかり合って行くものですが、自分がコミュニケーションがうまく取れなくても、相手が何とかしてくれないと困ると考える女性は、コミュニケーションを取らなくていい独身がぴったりですので、永遠に独身を貫いてほしいものですよね。

そういえば、Twitterなどでも結婚している主婦が「助けてほしい」と言っただけで、男性は1から10まで何をしたらいいか理解してほしい的な発言をしていましたが、もしかしたら女性は基本的に思っただけで相手に通じるという不思議な概念をお持ちの生き物なのかもしれませんね。



【5】なんだか頭髪が薄い

「最近知り合った女性なんですけど、ふと頭髪が薄いことに気がつきました。まだ30なのに頭髪が薄い??と何故か頭から離れなくなり、一緒にいても気になってしょうがなく、楽しくないので徐々に疎遠にしました。」(30代、男性)というように、ハゲたおっさんは無理!って言うのと同様に、頭髪が薄い女性も男性にとっては無理と感じる方もいるようですよ。

髪の長い女性らしい女性が好きな男性も多いですから、髪型に関しては特に気になるものですよね。ただこればかりは体質的なものですので、なんとも言えませんが、男性ばかり頭髪の話が出てくる以上、女性にも同様のことが求められても仕方がないのかもしれませんね。

結婚を意識するお付き合いとなると、未来のことも考えないといけませんので、頭髪の薄さが加速していくことを考えると、どうしても躊躇する男性が多いのではないでしょうか。

【6】色々と臭いがきつい

「鼻が壊れてるのか知らないけど、一緒に食事に言った女性の安っぽい香水の臭いがすごくて、食事がとにかくまずく感じた。こういう育ちの悪そうな女はNG」(20代、男性)

「体臭が無理だった。着拒したので、どうなったかは知らないですけど」(30代、男性)というように、色々と臭いがきつい女性って一生を共にしようと思ったら絶対にNGですよね。

香水をやたら振りまく女性というのは性格に難ありなタイプが多いようですし、また結婚して一緒にいることを考えたら、人前に出すのも恥ずかしいので、男性はお付き合いを避ける傾向にあるようですよ。

体臭に関しては体質なのでなんとも言えませんが、どのみち一緒にいたいとは思えませんので、婚活などで出会った場合には、真っ先にキャンセルを入れる男性が多いようですよ。

【7】自己中すぎてうざったい

「パーティーで知り合った30代の女性。デートで食事に言った際に『私が可愛かったから声かけてくれたんだよね?』という質問に『ん???』っと思ったけど、まあそうだねって軽く流しました。その後のデートの約束なども、ドタキャンは当たり前で、遅刻してやってきたかと思えば、電車が遅延してと何故かキレ出す始末。自己中すぎて付き合ってられないなと思って、今後会わない旨を電話で伝えたら、『私がよかったから声かけたんじゃなかったの!!』と、ブチギレ。もう自己中すぎてうんざりしたので、その場で着拒しました。」(30代、男性)というように、女性だから何かしてもらって当たり前、何しても許してもらえて当たり前という、どういうバカ親に育てられたらこんな風に育つのか?と思える自己中な女性っていますよね。

若いうちは結婚を意識しないで付き合ったりしますので、まだ多少は多めに見ることができますが、結婚を視野に入れたお付き合いとなると一生苦しめられる事が目に見えていますので、男性側も早めに別れを切り出しますよね。

自分の思い通りにならないと気が済まない人間は、周りにとって悪影響しかありませんので、永遠に独身でいてくれることが公共の利益ではないかなといつも感じます。

ちなみに、私の経験からいくと、自分のことを「私」ではなく、あだ名だったり名前で呼ぶ人は、高確率で自己中女ですので、もしそういう女性を見かけたら警戒しておいて損はないでしょう。

【8】好きの前に相手の年収が気にする女

「友達が彼氏彼女がいない人たちを誘って飲み会を開催してくれて、その飲み会に来ていたA。みんないい年なので、結婚を意識しての飲み会だったんですけど、お互い自己紹介した後の次の会話で年収を聞かれ…。うわってなりました。適当に『400万ぐらいです』って少なめに話したら『ふーん』って言われてそっけない態度を取られました。周りもそれを見てドン引きしていて、大手企業の男友達は全員、職業を偽っての飲み会になりました。」(30代、男性)というように、交際の前に相手を知る事は確かに重要ですが、いきなり『金』の話題をふる貧乏臭い女って怖いですよね。

結婚相談所でも、確かに今後の生活もありますから、条件として必要ではあるものの、何よりもとにかく金!!!と、金への執着心をむき出しにした乞食みたいな女性は、どうしても気持ち悪く感じますよね。

当人にとっては、至極当たり前のことなのかもしれませんが、男性にとっては気持ち悪い女性にしか映りませんので、30すぎても、40すぎても売れ残り続けてしまいがちですよね。

不思議なのは、30代の頃に相手に求めていた年収よりも40代になって相手に求める年収の方が高い女性がいますが、年齢を重ねると女性の価値はあがるどころか下がってることにすら気づかない時点で、死ぬまで売れ残りなのかなと思ったりします。



【9】口が「へ」の字の女

「友達との合コンに行った時に出会った40手前の女性。そもそも40近いのに合コンに来るなよ…と思いつつ、さらにせっかくの合コンでも何か不機嫌な感じで楽しくないし…口が『へ』みたいになってて。そんな不愉快なら来ないでほしかった…。40近い論外な女性が来てる時点で、不愉快なのはこちらなんですけどね…」(30代、男性)というように、何かにつけて常に機嫌が悪そうな、漫画に出て来るような口の形が『へ』の形の女性っていますよね。

不愉快ならすぐにお帰りいただきたいものですが、なぜか人の集まりにやってきては機嫌が悪そうな女性って何を思ってやってくるのか、いつも疑問に感じます。

【10】すぐマウンティングする

「合コンにいた某アラサー女。私は私は〜ってマウンティングしてくる女。女友達がどこかに旅行に行ったといえば、私は◯◯(結構いいところ)に言ったんだけど〜って話出して、何かを買ったと言えば、それより△△の方がよくない?私買った〜とか、張り合わないと気が済まない人。一緒にいて疲れるし、他の男性ともあれはうざいよね〜って話してました。自分アピールしたいのはわかるんだけど、不愉快にさせてまで自分アピールって正直頭おかしい」(30代、男性)というように、独身の女性に限った話ではありませんが、女性という生き物自体が何かとマウンティグしたがるもの。

インスタグラムなんてその典型的な例ですが、現実でもネットでもやたらと、キラキラアピールしてマウンティングを繰り返す女性って男性からするとドン引きされる以外の何者でもありませんので、永遠に1人でナルシズムに酔いしれていてほしいですよね。

 

 

いかがですか。

売れ残っている女性というのは、やはり他の男性からみて「あぁ…ないな…」と思ったから売れ残っているもの。評価が低いからこそ、売れ残っていますので、婚活や合コンなどで女性と出会う際には売れ残りではない、つまりあまり年のいっていない若い女性を選ぶことが、パートナー選びの失敗確率を減らす上で有効な手段かもしれませんね。



よかったら拡散してくれると嬉しいです

LINEで送る このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント



最近の投稿されたコメント

確かに若いときモテてた女って、まだ当時の価値と勘違いするところがあるな


若く見えるになんの意味があるんだ?戸籍上の実年齢が減るのか?


看護師とかバツイチが多いけど、基本的にきつい人が多い。帰宅して、あんなのが家にいると思うと地獄だもん。


アラサーで彼氏が絶えない人がいるけど、結局、誰も結婚してあげないのはなんなんだろう。男性側が手垢を拒むからだろうか?


出生率1.0を切ったキムチ兄貴と、10代の東南アジア女性を金で買うチャイナ兄貴を引き合いに出すフェミさんマジ低学歴。


徹底的にデブを叩きのめしてて草


海外の方が見た目重視なんだよなぁ


フェミニストってテロリストの一種でしょ。無知で過激で男性への攻撃性で自己を保ってる。ISISと構造が全く同じ。冗談抜きで刑務所に入れて欲しい。


万国共通でフェミニストってブスばっかだよな。それか元美人でいまはただのおばさん。


フェミニストがおばさんだらけなのは、若さが女性の最大の武器だから。それを失い、男性からの誘いも消えた成れの果てがフェミニスト。悲しいモンスターさ・・・。


このサイトについて

ご意見・ネタ提供などお待ちしております。

   
Copyright 2017 ぽんぴん All rights reserved